書評

徹夜しないで人の2倍仕事をする技術 を読んだ感想

投稿日:2019年4月30日 更新日:

チャンドラです。

 

三田紀房氏の「徹夜しないで人の2倍仕事をする技術」を読みました。Kindle Unlimitedで無料、80ページでサッと読める本です。

著者は「ドラゴン桜」などで有名な漫画家です。本書は、超多忙な著者が仕事をこなすために心掛けているテクニックを紹介しています。

著者とは業種が全く違う技術系の私ですが、読んでいて「ああ、そうだよね」と思う部分がたくさんありました。

参考になった部分を、私の経験も交えて紹介します。

 

 

Sponsored Link



 

「個人の頑張り」に成果をゆだねている限り、パフォーマンスは上がらない。

組織のパフォーマンスを上げたいなら、やはり決まりを作って社員の行動を変える「仕組み化」が欠かせないのである。

 

著者は、残業続きのアシスタントの不健康な生活を改善するために、「徹夜しない」ルールを採用しました。その結果、アシスタントが規則正しい生活を送るようになり、結果的に仕事が効率化したそうです。

重要なポイントは「仕組み作り」です。最初に「仕組みづくり」をちゃんと行うかで、その後の作業者のパフォーマンスが決まります。

私の場合、10人程度のエンジニアを率いて設計業務を行っています。エンジニアの成果物は設計書です。各メンバーが期限通りに品質要求を満たした設計書を作成できるように、仕組み作りするのがリーダーの仕事です。仕組みとは、メンバーの所掌を決めるとか、成果物をチェックする方法とか、顧客の変更要求をメンバーに伝える方法とか、作業が一定の人に集中しないスケジュールの組み方とか、です。そして、仕組みをつくれば各メンバーが何をいつまでにすればいいのかが明確になります。

私の経験上、この「仕組みづくり」を初期にキチンとやっていないか、状況に応じて仕組みを変えていないと、必ずトラブルが起きます。情報伝達が遅れることによる品質低下やスケジュール遅延です。

仕組みはメンバーのパフォーマンスに大きく影響します。だからこそリーダーは仕組みを作り、それをメンバーに理解させる能力が必要だと思います。

 

読者のニーズとは関係のない「単なる自己満足」のために複雑な手法に手を出して、時間をかけるのはムダなことだ。

自信の持てないことには、最初から手を出さない、迷う要因になりそうなことを排除する。

 

設計業務をしていると、コストダウンの検討をすることがあります。もっと安い材料を使うとか、もっと安いところから材料を調達できないかとか、安い設計拠点に外注できないかとか、です。

もちろん「検討」する時間は限られているし、「検討」するだけではなんの成果物も生み出しません。私は出来るだけ「検討」に時間はをかけないように心がけています。

色々な選択肢を出して検討すると、各選択肢の長所・短所をまとめるのに時間がかかります。加えてそれらを調査するのに人の意見を聞く必要が出てきますが、多くの人に意見を聞けば聞くほど、余計に迷うからです。なぜなら実担当者ではない人は、好き放題言うのが人間の性なので。

検討は大切です。でも決定に迷うほど選択肢を出して時間をかけるべきではありません。それは著者の言う通りただの自己満足です。検討する際は、おそらく選択されるであろう選択肢だけに絞って、他の怪しい候補は全て初めから切り捨てるなどのメリハリをつけることが大切だと思います。

 

Sponsored Link



 

スポーツや芸術、どんな分野でも、最初は先人が培ってきた技術や知恵をマネすることから始まる。自分一人で独自の方法を追求するより、その方が早いからだ。

まずは型通りやってみる。そうすれば個性は後からついてくる。

要するに、早く結果を出すことが大事なんだ。

 

芸術とか文学に比べると、理系人間の設計業務には個性なんか必要なのか?と思っていましたが、実は個性を発揮できる場面があります。それは「交渉するとき」です。

交渉の下手な人は顧客に対して、顧客の要望をダラダラ聞くだけです。一方で交渉の上手い人は、自分の提案が受け入れられるように色々と工夫します。その案が何故メリットがあるか、どのような検討をしたのか、他の案が何故だめなのか。これらを見やすい資料にまとめて説明します。

この「工夫」こそがまさに個性が出る部分だと思います。人によっては、会議の初めに冗談をとばして和やかな雰囲気にしたり、「ここぞ」というときは強気に出たり、実は他の案の方が優れているけど顧客に悟られないように上手く話をもっていったり。

私もまだまだ交渉が上手いとは言えないのですが、「この人は交渉が上手い」と思った人から型を学びました。昔の上司と顧客です。二人とも超強引な人間でしたが、資料の見せ方とか、上の人間の力を使うのが抜群にうまい人たちでした。

今では二人のテクニックを実践しつつ、自分なりのやり方も付け加えたスタイルを模索中です。ただ、早い時期から交渉上手な人を見つけて真似たことで、早い段階で基礎を身に付けて、早い時期から顧客交渉の場に立つことが出来たと思っています。

 

 

 

以上、「徹夜しないで人の2倍仕事をする技術」で参考になった点を、私の経験も交えて紹介しました。

 

参考になれば幸いです。

 

それでは。

 

 

私がインデックス投資を始めた理由

6年間で2000万円貯めることが出来た秘密

私のブログランキングはこちら:

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

-書評

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

読んでよかった本10冊を紹介 | 投資・仕事・小説 | 2018年度版

    チャンドラです。   私が2018年に読んでよかった本を紹介します。新書、古典、色々あります。 内訳は次の通りです。   投資関係:3冊 仕事関係:4冊 …

新社会人のときに読んでおきたかったお金と投資の本

  チャンドラです。   私が新社会人の頃、平日はバリバリ仕事をして休日は資格の勉強をしていました。休日はゴリゴリ勉強をしていたので、国際資格を取得しました。でも、お金や投資に関す …

「超・箇条書き」を読んだ感想

チャンドラです。   社会人になると物を簡潔に書く機会が増えます。 メール、議事録、報告書。物を書く機会は次々とやってきます。議事録書くのに丸一日かけて上司に「何やっとんじゃ」と怒られたり。 …

「さおだけ屋はなぜ潰れないのか?」を読んだ感想

  チャンドラです。   山田真哉氏の「さおだけ屋はなぜ潰れないのか?」を読みました。 かなり昔に大ベストセラーになった本で連休中に再読したのですが、たくさんの気づきがありました。 …

本多静六「私の財産告白」の5つの言葉

  チャンドラです。   誰でも何度か読み返したくなる本があると思います。私が読み返したくなる本の一つが本多静六氏の名著「私の財産告白」です。本多氏は日本の林学博士で、苦労して東大 …


チャンドラです。

東京在住の30代前半会社員でエンジニアとして働いています。エリート外国人のお客さん相手に日々奮闘中。6年間で貯めた2000万円を元手にインデックス投資を始めました。

TOEIC 905点

PMP (Project Management Professional)

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

極貧時代の話は:こちら

海外駐在の話は:こちら

お問い合わせは:こちら

応援クリックお願い致します!


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ