資産運用

消費税10%に上げるならもっと残業代が欲しい

投稿日:




 

チャンドラです。

 

今年10月の消費税10%への増税の可能性が高まってきました。

私の2018年の手取りは602万円、支出は262万円でした。支出の262万円の全てに消費税がかかるとすると、もし消費税が8%から10%に上がるとすると、262万円は269万円になります。つまり増税により年間の支出は7万円増加することになるわけです。

増税による年間の支出は7万円も増えるわけですが、私の会社はベースアップをする予定はありません。「そもそも賃金水準が他の企業に比べて若干高いし、一度賃金を引き上げると後で引き下げることが難しくなる」が会社側の(毎年やってる)説明です。

そこで私のような一般社員が何を考えるかというと残業です。仕事なんて社内にいくらでもやることがあるので、賃金が上がらない分は残業代でカバーしようとするわけです。私の1時間当たりの残業代は約3000円です。従って増税された分の残業代を取り返すには年間24時間残業すれば取り返せます。月当たりだと2時間。つまり月に2日だけ朝1時間早く出社して残業すれば取り返せるので、まあ難しい事ではありません。

 

Sponsored Link



 

ところが私のように1年中忙しい人間は、毎月残業時間が支払われる上限時間 (45時間)まで働いているので、これ以上残業代を請求できないのです。従って、残業代で増税分をカバーするという力技を使えない。増税分を副業で取り返すという方法もありますが、多くの企業は副業を禁止しています。つまり増税分を取り返すすべはないのです。また投資という手段もありますがこれも増税分を取り返す手段としては弱いです。仮に毎月5万円を積み立てるとすると、年間で60万円です。7万円取り返すには利回り10%を超える株式に投資する必要がありますが、そんな株式はそう簡単に見つかりません。

政府は消費税を10%に引き上げる、働き方改革で残業時間の上限を設定する。企業は賃金を上げたくないし、副業は許さない。そうすると労働者は増税に対してなすすべはないわけです。苦しむのは労働者だけです。

消費税を10%に上げるなら、その埋め合わせとして残業代を引き上げるか、残業代が支払われる残業時間の上限を引き上げて欲しいと思うわけです。働き方改革で残業時間を規制したところで、労働者の仕事量は減りません。企業は稼ぐために仕事を取り続けるからです。問題なのはサービス残業なのだから、残業した分を企業がちゃんと支払えばよし。増税するならもっと残業代を下さい。これが私の本音です。

 

それでは。

 

節約の知恵はこちら

資産運用はこちら

私のブログランキングはこちら:

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

30代会社員が6年で2000万円貯めた方法

  私は新卒で就職してから6年で2000万円を貯めました。私よりも年収が多い人はたくさんいると思いますが、一般的な30代前半の平均よりも高い金額を貯蓄できたと思っています。 この記事では私が …

バフェットは現代ポートフォリオ理論にこう反論したが、私はそれでもインデックス投資派

  株式指数に連動するインデックス・ファンドに投資することで最も低いリスクで高いリターンを得ることができる、というのが現代ポートフォリオ理論から導きだされる結論です。 現代ポートフォリオ理論 …

これまでにドブに捨てた金額を公開します

チャンドラです。   ケチを自認する私ですが、これまでの人生でお金をドブに捨てたと感じたことは多々あります。そんな経験を紹介します。 受験浪人(ドブ捨て金額:120万円)   間違 …

2019年8月の資産は2622万円!世界的な株安で36万円減少!

  チャンドラです。   2019年8月の資産運用状況を公開します。 合計資産は26,221,049円で前月より36万円減少しました。   履歴: 2019年2月の資産運 …

NISA投資 2階建て | だ☆か☆ら!制度は複雑にしたらダメなんだって

  NISAの制度が「二階建て」に変わるようです。   新たなNISAはリスクの低い投資信託などに対象を限定した積立枠(1階)と、従来通り上場株式などにも投資できる枠(2階)の仕組 …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ