社畜

給料は上がらないが要求と労働時間は増えていく

投稿日:2019年3月27日 更新日:




 

チャンドラです。

 

私の会社では間接部門の社員を除いてほとんどの人が最低1つのプロジェクトに所属して仕事をします。例えば私の場合はある設計部門に所属しており、そして同時にある製品を期限内に設計してお客さんに納めるというプロジェクトに従事しています。プロジェクトが終わればまた別のプロジェクトに参加します。つまり自分がやっている仕事のほとんどが、従事するプロジェクトの設計業務ということになります。

プロジェクトの業務以外に所属部門の業務もあります。例えば業務改善活動などがそうです。その一例がマニュアル作成です。プロジェクトが異なっても、業務の遂行方法や設計の考え方などは大きく変わりません。そういった遂行方法や技術的な知見を他の社員と共有するためにマニュアル化したり、古くなったマニュアルを改訂したりします。最近では外国人社員も増えてきているので、英語の翻訳も必要になってきています。マニュアル作成に限らず、新技術を取り入れたり他社と戦略的な業務提携契約を結んだりするのも業務改善活動に入ります。

最近は業界の価格競争が激化してきているので、もっと安くもっと早くお客さんにサービスを提供するために仕事のやり方を変えていくよう経営者から号令がかかっています。仕事のやり方を変える、というのはプロジェクトに従事する社員各々が工夫するだけでは足りないので、業務改善活動を通じて仕事のやり方を変えていくことになります。

競争力強化のために業務改善していくのは必須です。でも問題は業務改善活動をする人がいない、ということです。

 

Sponsored Link



 

会社は業務改善で競争力強化を謳います。でも競争力を強化するために人を増やすことは絶対にしません。なぜなら人を増やす時点で競争力が下がることになるからです。では誰が競争力を強化するための活動をするかというと、すでにプロジェクトに従事している忙しい人たちです。つまりプロジェクトに従事している人たちは今この時点でも忙しいのに、業務改善活動にも時間を割かなければいけなくなるのです。

私の話をします。あるプロジェクトに従事していて最も忙しい時期に差し掛かっています。残業時間は100時間くらいです。プロジェクトを終わらすために必死です。それにも関わらずさらに業務改善活動にも従事するように頼まれます。ゲンナリするほどサービス残業しているのに、さらに多くを要求されるのです。モチベーションが湧くはずがありません。

 

Sponsored Link



 

 

仕事にはやりがいのある仕事とやりがいのない仕事があります。私にとってプロジェクトというのはやりがいのある部類に入ります。なぜなら物事が前に進んでいる感覚を味わえるからです。設計を開始してお客さんの手に引きわたされたときにやりがいを感じるからです。

一方で業務改善活動というのはやりがいをあまり感じない仕事です。なぜなら物事を進めている感覚を味わえないし、社内の抵抗を受けることも多いからです。業務改善というのはこれまでのやり方を変えるということなので、何故そのように変えたのか、そう変えることによってそのようなメリットがあるのか、など色々と聞かれるし、そうならないための根回しなども必要だからです。

そんなやりがいのない業務改善活動を、本業で超絶忙しい時間の合間を縫って、サービス残業しながらやるのは、誰だって嫌だと思います。でも会社が求める人間はそれができる人間なんですよね。本業で利益を出しながら、会社の競争力を上げるために業務改善も達成できるような人間。

これが出来ると会社から評価されれば、人事評価でトップのランクをもらうことができます。選ばれるのは毎年数人程度です。ところが面白いことに、トップのランクと平均ランクの給与の違いはせいぜい年間50万円程度です。月換算で約5万円。サービス残業して頑張ってつまらないことするくらいなら、年利5%のインデックス・ファンドに1000万円投資しておいた方がずっとマシです。

会社が業務改善に本気になるなら、それだけに専念する社員を配置するか、本業と両立して業務をこなせる人の給料をガッツリ高くするべきだと思っています。サービス残業してまで安い給料で会社を変えるために働けるような忠誠の高い人、そんな人はほとんどいないからです。

 

それでは。

 

節約の知恵はこちら

資産運用はこちら

私のブログランキングはこちら:

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

-社畜

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

社畜が毎日チェックしている個別株銘柄 ww

  個別株をやらないと誓い、頑なにインデックス投資だけに投資を続ける私でも毎日株価をチェックしている銘柄があります。それは何か? AmazonとかApple などのイケイケ米国株か? ノン。 …

早く残業させてくれ。話はそれからだ ww

  一時的に仕事が増えると、一定の時間が経てば仕事は減る。逆に一時的に仕事が減ると、一定の時間が経てば仕事は増える。 例えば貿易戦争とかコロナ禍といった、一企業が自力でコントロールできないよ …

インスタグラムの検索画面に整形顔の女ばかりが表示されてウザいんだが。

  私はインスタグラムはアカウントだけ持っています。フォロワー数ゼロ。 たまに開いて検索画面を見ると、整形顔の女がゴージャスな飯食ってる写真か肉を焼いて塩を振りかけるオッサンの写真ばっかり表 …

京大卒で月収14万円

  チャンドラです。   東洋経済の記事で京大卒33歳で月収14万円男性との対談記事がのっています。 コンビニのアルバイトで最低限生きていくためのお金を稼ぎながら、ニーチェやショー …

非常事態宣言をガタガタ批判してる場合じゃねえだろ ww

  政府によって非常事態宣言がなされました。その内容のほとんどは「要請」であり、外出や経済活動に対する「強制力」がほとんどないために、欧米からはその効果は懐疑的だという声があがっているとのこ …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ