社畜

結婚直前でフラれた可哀そうな友人と教訓

投稿日:




 

チャンドラです。

 

予定していた生活がガラリと変わると本当に怖いなーと思った話です。

 

私の友人は結婚前提で交際相手と同棲生活をしていましたが、結婚寸前でその交際相手にフラれて別れたそうです。ここまでならまあよくある話です。

困ったのが彼が住んでいた家です。結婚して子供と住むことまで想定していたので、ファミリー向けの住宅地に広めのマンションを借りて住んでいたのです。しかもファミリー用の洗濯機や冷蔵庫、家具まで買って生活していました。一人で払うには高すぎる家賃、広すぎる部屋、デカすぎる家電、場違いなファミリー向けの立地・・・。そんなところに一人で住んでいても家賃がかかるし、会社から遠いし、独身には不便なだけなので、友人は結局引っ越すことにしました。家具や家電はフリマなどで売れたにも関わらず、分かれたショックが大きすぎた友人は売るのも面倒くさくなって、全部有料で業者に引き渡したそうです。

友人は心の傷を負うだけでなく金銭面でも大きな代償を払ったはずです。出ていく方は気楽です。でも残された友人は今のデカすぎる家(しかも明るい未来を思い描いた家)を解約し、新しい家を探して契約し、デカい家電を処分して一人用の家電を買いなおし、面倒くさい引っ越しをしなければならなかったのです。諸々の費用を考えても100万近くかかっていると思います。フラれた理由は分かりませんが、真面目な友人なので余計不憫に感じます。

 

Sponsored Link



 

この話の教訓は何でしょうか?リスクを冒す場合は想定される最悪のケースまで考えて行動する、が教訓だと思います。例えば結婚前提で交際している相手と同棲する場合は、いきなりファミリー向け物件に住んだりデカい家具や家電を買ったりせず、結婚するまでは例えフラれても一人でも住めそうな物件に住む、など。というとそんな保険かけた生き方はダサいと言われそうですが、カッコよかろうがダサかろうが最悪のケースで損するのは自分です。自分の身は自分で守らなけらばならないので、最悪のケースのバックアップを用意しておくことが大切です。

 

ちなみにその友人と元交際相手は同じ会社で働いており、その元交際相手は友人の家を出た次の日から同じ会社の別の男と同棲しているそうです。その女性の要領の良さには感嘆すると同時に、自分の身は自分で守らねばとますます感じるこのごろです。

 

それでは。

 

節約の知恵はこちら

資産運用はこちら

お金に対する考え方はこちら

私のブログランキングはこちら:

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

-社畜

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

オンライン法要するくらいなら自分で読経すればいいのでは?

  オンライン法要というものが存在するそうです。プレジデントの記事に概要が書いているので抜粋。 新型コロナウイルス感染症の影響で、葬儀や法事をオンラインで行うケースが増えている。僧侶が読経す …

クソな業績面談で来年の昇給ナシが確定 ww

  サラリーマンの私は毎年この時期になると上司と業績評価の面談をします。自分が設定した目標と目標の達成度合いを話し合い、その中で成長できたことや成し遂げたことをアピールするんです。そこで評価 …

クレジットカードを落として焦りまくってとった対応の結果 ww

  自慢ではないですが私はこれまでの人生で財布を落としたこともクレジットカードを無くしたこともありません。 買い物したらまずは財布をポケットかカバンに入れるのを絶対破らない習慣にしているから …

10万円給付されたら米国株投資するか?

Sponsored Link     景気刺激対策として、政府が全国民に10万円を支給する案が出ています。あくまで案の段階ですが、なかなか思い切った措置ですね。Bloombergの …

グローバル・サラリーマンが英会話のコツを教える

  私はグローバルに働くサラリーマンです。グローバルとは多くの国籍の人々と一緒に働くという意味です。タイトルをカッコよく書きましたが、実際は日系企業で働くただの社畜です。 私が働くオフィスに …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。6年間で貯めた2000万円を元手にインデックス投資を始めました。このブログでは資産運用の方針、運用成績、家計簿、節約生活を赤裸々に公開しています。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ