社畜

結婚直前でフラれた可哀そうな友人と教訓

投稿日:




 

チャンドラです。

 

予定していた生活がガラリと変わると本当に怖いなーと思った話です。

 

私の友人は結婚前提で交際相手と同棲生活をしていましたが、結婚寸前でその交際相手にフラれて別れたそうです。ここまでならまあよくある話です。

困ったのが彼が住んでいた家です。結婚して子供と住むことまで想定していたので、ファミリー向けの住宅地に広めのマンションを借りて住んでいたのです。しかもファミリー用の洗濯機や冷蔵庫、家具まで買って生活していました。一人で払うには高すぎる家賃、広すぎる部屋、デカすぎる家電、場違いなファミリー向けの立地・・・。そんなところに一人で住んでいても家賃がかかるし、会社から遠いし、独身には不便なだけなので、友人は結局引っ越すことにしました。家具や家電はフリマなどで売れたにも関わらず、分かれたショックが大きすぎた友人は売るのも面倒くさくなって、全部有料で業者に引き渡したそうです。

友人は心の傷を負うだけでなく金銭面でも大きな代償を払ったはずです。出ていく方は気楽です。でも残された友人は今のデカすぎる家(しかも明るい未来を思い描いた家)を解約し、新しい家を探して契約し、デカい家電を処分して一人用の家電を買いなおし、面倒くさい引っ越しをしなければならなかったのです。諸々の費用を考えても100万近くかかっていると思います。フラれた理由は分かりませんが、真面目な友人なので余計不憫に感じます。

 

Sponsored Link



 

この話の教訓は何でしょうか?リスクを冒す場合は想定される最悪のケースまで考えて行動する、が教訓だと思います。例えば結婚前提で交際している相手と同棲する場合は、いきなりファミリー向け物件に住んだりデカい家具や家電を買ったりせず、結婚するまでは例えフラれても一人でも住めそうな物件に住む、など。というとそんな保険かけた生き方はダサいと言われそうですが、カッコよかろうがダサかろうが最悪のケースで損するのは自分です。自分の身は自分で守らなけらばならないので、最悪のケースのバックアップを用意しておくことが大切です。

 

ちなみにその友人と元交際相手は同じ会社で働いており、その元交際相手は友人の家を出た次の日から同じ会社の別の男と同棲しているそうです。その女性の要領の良さには感嘆すると同時に、自分の身は自分で守らねばとますます感じるこのごろです。

 

それでは。

 

節約の知恵はこちら

資産運用はこちら

お金に対する考え方はこちら

私のブログランキングはこちら:

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

-社畜

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

サラリーマン退職後の現実 ww 「毎日が日曜日」

  経済小説で有名な城山三郎氏の著書に、商社マンの日常を描いた「毎日が日曜日」という小説があります。 総合商社という巨大組織に振り回される商社マンの悲哀の読み物としては面白いのですが、そこに …

ドコモのアハモフック ww 情弱は「窓口で相談」の意味を考えるべきでは。

  NTTドコモが格安プラン「ahamo(アハモ)」で客を勧誘したうえで、高額な大容量プランに誘導していたそうですが。。。東洋経済の記事から引用。 携帯電話大手のNTTドコモは3月26日、格 …

なんだかんだで残業は稼げる

  残業しないと生きていけません。 私の会社は毎月マックス45時間の残業代の支給が認められています。 仕事は年中繁忙期の状態なので、45時間分の残業代を有難く頂き、10~20時間のサービス残 …

女性が結婚相手に求める年収は600万。でも年収より大切なのは管理能力だッ!

  チャンドラです。   マイナビによると女性の半分が結婚相手に求める理想の年収が600万円と回答しています。 引用:マイナビ 年収600万円以上の25~34歳の独身男性はわずか3 …

メール「お世話になっております」が無駄すぎ ww

  Sponsored Link     社外の人からメールが受け取ると、たいてい書き出しが「株式会社〇〇 チャンドラ様、お世話になっております。」という書き出しです。 …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ