資産運用

世界地域別株価 | PERとPBRで株価を判断してみる

投稿日:2019年2月16日 更新日:

 




 

チャンドラです。

 

株を買おうとするときにはその株が割安か割高かを知る必要があります。その判断によく使われる指標がPERとPBRです。

この記事ではPERとPBRについて簡単に説明します。そして各地域に株価が割安か割高かをPERとPBRを用いて判断してみます。

 

Sponsored Link



 

PERとPBR

 

まずはPERから説明します。

PERはPrice Earnings Ratioの略で株価収益率を意味します。もう少し分かりやすく言うと「現在の株価が1株あたりの純利益の何倍なのか」を意味します。

「PERが高い」とは企業が稼ぐ純利益に比べて株価が高いことを意味します。つまりPERが高い株式は割高だと言えます。逆にPERが低い株式は割安だと言えます。

一般的にPERが15を超えている株は割高だと言われます。

 

次にPBRを説明します。

PBRはPrice Book-value Ratioの略で株価純資産倍率を意味します。PBRは株価を1株純資産で割った値です。1株純資産とは1株あたりの純資産の額のことです。従ってPBRは純資産から見て株価が割高か割安かを判断する指標になります。

PBRは通常1より大きくなりますが、「PBRが1よりずっと大きい」ときは企業の株価が割高であると判断できます。逆にPBRが1より小さい場合は株価が割安だと判断できます。

一般的にPBRが1.5を超えている株は割高だと言われます。

 

Sponsored Link



 

世界地域別のPERとPBR

 

国・地域別のPERとPBRはmy indexのウェブサイトで調べることができます。以下は2019年1月時点のデータです。左側の値がPER、右側の値がPBRです。

 

米国 : 20.9  3.3

中国 : 13.2  1.7

欧米 : 12.8  1.7

日本 : 11.6  1.3

先進国: 16.4  2.3

新興国: 14.1  1.8

 

先ほどの説明でPERが15を超えると株価は割高、またはPBRが1.5を超えると株価は割高だと説明しました。この基準をあてはめてみます。結果はこんな感じです。

米国:PER、PBR共に割高

中国・欧米:PERで見れば割安、PBRだとやや割高

日本:PER、PBRで割安

先進国:PER、PBR共に割高

新興国:PERで見ればやや割安、PBRだとやや割高

 

総合的には次の通りでしょうか。

 

(高)米国 > 先進国 > 新興国 > 中国 ・欧米 > 日本(安)

 

Sponsored Link



 

まとめ

 

米国が一番割高で、先進国株も米国株が大半を占めるので米国に引きずられて割高です。一方割安なのは新興国、欧米、日本です。PERとPBRに基づけば、株を買うなら今がチャンスということになります。

とはいえ株価が割安でも今後経済が伸びると判断できなければ株を買う意味がありません。割安と判断した新興国と日本のどちらの株を買うかというと私なら新興国を買います。新興国は人口増加による経済成長が見込めるからです。日本株も少しは買っていますが、ポートフォリオで外国株式に偏りすぎたくないので少額積み立てる程度です。

2050年の世界GDPランキング予測

さらに過去のデータによると新興国株はリスクが高い一方リターンも大きいので、元本割れする可能性は低くなります。

ならば買うならやはり新興国株でしょう。

元本割れしにくいインデックスファンドはどれか? | シミュレーションした結果

PERとPBRを使えば割安な株を判断できますが、数字だけを見ても意味がありません。割安な株価が今後伸びるかまで判断することが大切です。

 

それでは。

 

 

節約の知恵はこちら

資産運用はこちら

お金に対する考え方はこちら

私のブログランキングはこちら:

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

Sponsored Link



 

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

S&P500長期投資で資産増加が加速するのが分かるグラフはこれだ ww

  インデックス投資に長期投資すれば「資産増加が加速する」とよく言われます。確かにそうなんですが、これは定量的に示すことが出来ます。 S&P500に720の法則を適用して指数の動きが …

2050年の世界GDPランキング予測

チャンドラです。   私はインデックス・ファンドに投資して資産を長期で運用しています。   新興国株式もポートフォリオに組み入れていますが、どれだけの割合を組み入れるべきかは悩みの …

これまでにドブに捨てた金額を公開します

チャンドラです。   ケチを自認する私ですが、これまでの人生でお金をドブに捨てたと感じたことは多々あります。そんな経験を紹介します。 受験浪人(ドブ捨て金額:120万円)   間違 …

ライフサイクル投資とサラリーマン所得とレバレッジETFの関係。

  過去記事でサラリーマン所得は無リスク資産的な位置づけだと書きました。 リスク=危険、ではないですよ。リスク=不確実性、です。先が予測できないということ。 サラリーマンなら毎月必ず給料が貰 …

S&P500ではなくバークシャー・ハサウェイ株に投資すればいいのでは?

  バークシャー・ハサウェイ社の会長、ウォーレン・バフェット氏は毎年、「株主への手紙」を発表します。バフェット氏からの手紙36年分の和訳がまとまった書籍が販売されていますが、英語であればバー …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ