資産運用

大手銀行の振込手数料が本当に無駄! | ネット銀行を利用して節約

投稿日:

 




 

チャンドラです。

 

私はネット銀行の自動振り込みサービスを使って家賃を支払っています。振込手数料がタダだからです。

先日たまたま自動振り込みの設定に不備があり振込失敗となってしまったので、仕方なくメインの銀行口座(大手銀行)の口座から振り込みました。かかった手数料はなんと432円!たかが8万円相当を他の銀行に振り込むだけで432円もかかるなんて・・・と絶望しました。大手銀行の手数料は高すぎます !!

 

名前は出しませんが私が使用している大手銀行の場合、コンビニATMから現金引き出すと108円、18時以降なら216円かかります。またコンビニATMから他の金融機関に3万円以上を振り込むと手数料は432円です。口座の自動振り込みサービスを使うと、手数料はなんと648円プラス別途108円もかかります!!

 

Sponsored Link



 

それに比べてネット銀行の手数料は大手に比べてずっと安いです。私が使用しているネット銀行は住信SBIネット銀行です。SBI証券で積立投資しているので、住信SBIネット銀行のハイブリッド預金口座にお金を預けています。現金引き出しにかかる手数料はランクによって変わります。残高が30万円以上あればランク2です。

ランク2ならATMで5回まで無料で現金を引き出せます。

 

引用:住信SBIネット銀行ウェブサイト

 

振込手数料もランクによって異なります。ランク2ならどこの銀行に振り込む場合でも3回まで無料です。

引用:住信SBIネット銀行ウェブサイト

 

自動で家賃を振り込むならやはりネット銀行を使うのがベストです。タダだからです。

一方大手の銀行口座から自動で振り込むと、一回当たり756円の手数料がかかります。年間9,000円の損失!!

 

 

私には大手銀行の手数料は高すぎるので、SBIネット銀行の自動振り込みサービスをフル活用していく予定です。会社からの給料は大手銀行に振り込まれるので、そのお金を定期的にネット銀行に振り替えています。大手銀行口座は会社の給料の振込先としてしか使いようがなさそうです。

 

それでは。

 

 

私のブログランキングはこちら:

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

 

Sponsored Link



 

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

SPY (S&P500指数)とSPYD(S&P500高配当指数)の過去チャートを比較しても何の意味もない。ムダムダァ ww

  SPY (S&P500指数)とSPYD (S&P500高配当指数)のパフォーマンスを比較するためによくやるのが過去チャートの比較。 例えばコレ。過去5年のパフォーマンスを …

2019年11月の資産公開 | 2881万円(111万円増加)

  2019年11月の資産運用状況を公開します。 合計資産は28,812,554円で前月より111万円増加しました。   総資産の推移: 2019年9月:  27,037,955円 …

プラス16万円 | インデックス運用成績 | 2020年7月第2週

  今週のインデックス投資運用成績を公開します。   今週の積立金額:10万円 積立総額:2,580万円 評価額:2,761万円 先週の損益:+165万円(+6.0%) 今週の損益 …

NISAの運用成績 | eMAXIS Slim 先進国株式 | 2020年2月末

  私はつみたてNISAでeMAXIS Slim 先進国株式インデックスに投資しています。 つみたてNISAの最大のメリットは投資で得られた運用益を非課税にできる点です。通常かかる運用益の2 …

平凡なサラリーマンは残業代で資産運用するべき理由

  チャンドラです。   主要先進国で平均賃金が全然上昇していない国、それが日本です。 1995年には米国に次いで賃金が高かった日本ですが、その後欧米各国に追い抜かれました。 少子 …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ