資産運用

2019年の世界経済成長率の見通しは?

投稿日:2019年4月13日 更新日:




 

チャンドラです。

 

IMF(国際通貨基金)は「世界経済の見通し」でその年の世界経済の成長率を発表しています。世界経済の成長率とは、実質GDP成長率のことです。

IMFの発表によると2019年の成長率の見通しは3.3%となりました。2018年は3.8%程度でしたが、約0.5%程度の下落です。主な要因は米中貿易紛争と世界規模の景気の冷えこみです。

JETROのウェブサイトでは、IMFの世界経済の見通しをもとに主要国・地域の軽罪成長率予測を見ることが出来ます。

 

JETRO ウェブサイト

 

先進国の平均は1.8%。成長率が高い順に米国 (2.3%)、ユーロ (1.3%)、英国 (1.0%)となっています。日本は残念ながら0.8%と先進国中でも低い伸び率です。

一方新興国の平均は4.4%。生長率が高い順にインド (7.3%)、中国 (6.3%)、ASEAN (5.1%)となっています。インドの伸び率が目立って高い結果です。しかもインドは2018年よりも0.2%高い結果となっています。

 

Sponsored Link



 

IMFは2020年の成長率も予測しています。世界全体では3.6%で2019年よりも0.3%改善しています。これは新興国の景気改善によるものです。日本はどうかというと、まさかの0.5%で2019年よりも0.5%の低下です。おそらく消費税増税による景気低下が見込まれているのだと思います。やはり日本株には期待できないですね。

 

それでは。

 

節約の知恵はこちら

資産運用はこちら

私のブログランキングはこちら:

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

先進国株と新興国株の割合 ~ myINDEXでシミュレーションした結果

    チャンドラです。   資産運用のポートフォリオを決める際にそのポートフォリオがどれだけのリスクとリターンが見込めるかを把握することが大切です。ポートフォリオとは現 …

米国S&P500の将来のリターン予測

  チャンドラです。   過去のPERを用いて米国S&P500の将来のリターンを予測してみます。PER (株価収益率)とは、「株価を1株あたりの純資産の額で割った値」のこと …

【金融リテラシー】利率と利回りの違いを理解しよう!

  チャンドラです。   「利率」と「利回り」は意味が違います。 「利率」は「表面利率」ともよばれ、額面金額に対して毎年受け取る利子の割合の事です。 「利回り」は投資金額に対する利 …

職場のアメリカ人に投資しているか聞いてみた ~ 予想通り投資で儲けまくっていた

    チャンドラです。   今日は職場の忘年会でした。忘年会は普段話す機会がない人とも打ち解けて話すチャンス。 ちょうど今年から短期契約で入社したベテランのアメリカ人エ …

自分が親からいくら投資されてきたかを意識する

  チャンドラです。   人が生まれてから社会人になるまでにどれくらいお金がかかるのかを考察してみます。言い換えると、その人の両親は子供が社会人になるまでの間どれだけのお金を投資し …


チャンドラです。

東京在住の30代前半会社員でエンジニアとして働いています。エリート外国人のお客さん相手に日々奮闘中。6年間で貯めた2000万円を元手にインデックス投資を始めました。

TOEIC 905点

PMP (Project Management Professional)

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

極貧時代の話は:こちら

海外駐在の話は:こちら

お問い合わせは:こちら

応援クリックお願い致します!


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ