資産運用

夏のボーナスの使い道1位は預貯金 | 私の使い道は・・・

投稿日:

 

チャンドラです。

 

夏のボーナスが支給される時期がやってきました。

私のようなサラリーマンにとって、一気に高額が手に入る年に一度のチャンスなので、とても楽しみです。

さて、マイナビニュースがボーナスの使い道を調査したところ、次のような結果になったそうです。

 

引用:マイナビニュース

 

1位は予想通りの預貯金です。

なんと60%以上の人が預金を選んでいます。

「使い道がないからとりあえず貯金」「増税に備えて」「老後資金のため」などが理由のようです。

やはり皆将来が不安なので、堅実に使う人が多いようです。

 

 

では私の場合はどうかというと、貯金です。

「おいおい、日ごろから貯金より投資の方がお金が増えるとか言っておきながら貯金かよ」と突っ込まれそうです。

ですが、それでも貯金します。

少し言い換えると、「積み立て投資のタネ銭として」貯金をします。

ボーナスとして預金口座に入れたお金は今後の積立投資として出ていくわけです。

 

 

ところで、私はボーナスを一括で株式投資にぶちこみません。

私の投資方法は「米国株式と全世界株式のインデックス・ファンドに毎月一定の金額を長期で積み立てる」というやり方です。

長期でコツコツ積み立てる理由はリスク分散です。

株価は30年という長い期間で見れば上昇しますが、短期間で見れば上がったり下がったりを繰り返します。

株価がたまたま高い時にボーナスなどを一気にぶち込んでしまうと、将来のリターンが減ってしまいます。

逆に株価が一時的に安くなったときにぶち込んだ場合は、将来のリターンが増えます。

じゃあ株価が安くなるまで待てばいい、となるのですが、私の場合これはやりません。

なぜならどのタイミングで一括投資すればいいか判断するのは難しいし、もっと安くなるかもと考え続けるといつまで経っても買えなくなるからです。

だから私のような素人は、買うタイミングとか難しいことは考えず、とにかく毎月一定額を積み立ればいいのです。

 

 

ちなみにマイナビの調査結果によると、ボーナスの使い道の2位は「旅行」だそうです。

私は旅行は好きですが、国内旅行にはほとんど興味がありません。

国内旅行ってどこも似たような景色だし、ホテルも高いし、そしてスリルがないんですよね。

唯一リピートして行くのは京都くらいでしょうか。

一方海外旅行に行くと、言葉も文化も違うので、非日常感が楽しめます。

若いころは30か国ぐらい行きましたが、やはり東南アジアやインド、中国の田舎は面白いです。

ド級の世界遺産があるし、物価も安いし、料理もうまいので非日常感が楽しめます。

 

 

まあ社会人になるとなかなか海外旅行に行く時間もなくなるので、旅行行くなら国内旅行となるわけですが、

国内旅行はつまらないので、

ボーナスの使い道はすべて、積み立て投資になりそうです。

 

それでは。

 

 

運用成績を公開しています

私がインデックス投資を始めた理由

6年間で2000万円貯めることが出来た秘密

 

私のブログランキングはこちら:

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

サラリーマン投資家が向き合うべき問い(自分の会社は投資に値するのか?)

  私も含めて株式投資をしているサラリーマン投資家は多い。本業の給料が上がらないとか、終身雇用制度が今後も維持されるか分からないとか、人それぞれ理由があるだろう。色々と理由があろうが、それを …

シャープレシオが最大になるのは効率的フロンティア曲線上の接点ポートフォリオ。

  前回の記事では、WealthNaviの資料をもとにエクセルのソルバーを使って効率的フロンティア曲線を作成しました。 効率的フロンティア曲線は、各リスクに対してリターンが最も高いポートフォ …

大塚家具に行ったら金持ちになりたいと感じました。

  親戚が少し高い家具を買いたいので大塚家具に行きたいと言い出したので、同伴。 大塚家具に行くのは初めてで、前には経営不振のニュースもあったのでちょっとネガティブなイメージがあったのですが・ …

なんで株価暴落で狼狽売り ww

  S&P500は最高値から2月末に10%以上暴落。3/2に再度上昇すると3/3はまた3%近く下がりました。3月中は上がるのか下がるのかよく分からない状態です ww インデックス1本 …

生涯年収を見積もって改めて感じる投資の必要性

  チャンドラです。   自分の生涯年収を見積もると、改めて投資の必要性を感じます。     老後資金は足りるか?   私の現在の年収は約650万です …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ