資産運用

eMAXIS Slim 米国株式 S&P500をメインに積み立てる

投稿日:2019年7月8日 更新日:




チャンドラです。

 

私は6年で貯めた現金2,000万円を運用してインデックス・ファンドに投資しています。

そのメインとなるファンドがeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)です。

 

Sponsored Link



 

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)とは

 

三菱UFJ国際投信 が出しているインデックス型ファンドです。米国S&P500指数の値動きに連動するように運用されます。

 

S&P500とは日経平均のアメリカ版のようなものです。ニューヨーク証券取引所やNASDAQなどに上場している銘柄から代表的な500銘柄が選ばれ、それらの株価を加重平均をとったものがS&P500です。

S&P500構成銘柄にはアップルやグーグル、エクソンモービルなどの世界を代表する企業が含まれています。つまりこれらの企業にまんべんなく投資する、ということです。

 

 

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)の手数料

 

ノーロードなので購入手数料はかかりません。

信託報酬は0.1728%です。純資産100万円に対して約1800円です。

 

 

何故米国株式か?

 

私のポートフォリオは米国だけではありませんが、米国株式を主力とする方針は今後変える予定はありません。その理由はアメリカという国のポテンシャルです。

 

S&P500の過去30年の株価の動きです。

1990年には600ドルでしたが、その後上昇を続けて2018年には2019ドルまで上昇しました。

2008年のリーマンショックでは900ドル近くまで下落しましたが、その後素早く回復軌道に乗り、11年で約3倍まで上昇しました。

 

一方の日経平均株価はどうでしょうか?2000年以降株価は上昇と下降を続けていますが、上昇傾向にあると言い難いです。

1989年に記録した39,000円をいまだに超えることができていないのです。

 

 

 

世界中から優秀な頭脳が集まり、新しい産業を生み出していくアメリカがもつエネルギーは凄まじいと思います。

一方で日本は人口が減り、これからの経済成長は見込めません。2018年の日経平均は全体的に好調な推移でしたが、オリンピック後の上昇要因はないと思っています。

 

私はアメリカのもつエネルギーに投資したいと思っています。それを最も低コストで実現させてくれるのがeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)だと考えています。

 

それでは。

 

関連記事:

emaxis slim 全世界株式(除く日本)をメインに積み立てる

米国株に投資する理由は米国人の株式保有比率が高いから!

インデックス投資 | 迷うならさっさとeMAXIS Slimを選ぼう!

Sponsored Link



 

 

 

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

最後の資産公開。XXXX万円。今後は公開をやめます。

  2022年11月末の資産運用状況を公開します。   合計資産:6,634万円 前月より64万円↑   資産運用状況   投資金額:3,872万円 評価額:6 …

社畜の資産は4100万 | 資産公開 | 2021年1月末

  2021年1月末の資産運用状況を公開します。   合計資産:41,058,954円 前月より206万円増加   総資産の推移: 2020年12月:  38,998,4 …

金のある奴がさらに金を持ち、金のない奴は更に追い詰められる。

  引用:東京闇虫 金のある奴がさらに金を持ち、金のない奴は更に追い詰められる。 確かに・・・。というか部屋汚いな ww   ちょっと重箱の隅をつつくようですが、「金のある奴がさら …

「好きな企業に投資する」が見落としている致命的な点。

  好きな企業に投資するというのは何だか正しそうに聞こえて致命的な点を見落としていると思います。 とりあえず私が好きな企業を挙げてみましょうか。「好き」の定義は「日頃その企業のサービスをよく …

やはり「下がったら買う」は時間の無駄でした。(タイミング投資 VS ドルコスト平均)

  前回の続きです。 「下がったら買う」は意味あるか?を定量的に検証する。 投資信託を長期積立投資する際に、毎月定額積み立てるドルコスト平均と、株価が下がってから買う方法、どちらのリターンが …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ