資産運用

eMAXIS Slim 米国株式 S&P500をメインに積み立てる

投稿日:2019年7月8日 更新日:




チャンドラです。

 

私は6年で貯めた現金2,000万円を運用してインデックス・ファンドに投資しています。

そのメインとなるファンドがeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)です。

 

Sponsored Link



 

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)とは

 

三菱UFJ国際投信 が出しているインデックス型ファンドです。米国S&P500指数の値動きに連動するように運用されます。

 

S&P500とは日経平均のアメリカ版のようなものです。ニューヨーク証券取引所やNASDAQなどに上場している銘柄から代表的な500銘柄が選ばれ、それらの株価を加重平均をとったものがS&P500です。

S&P500構成銘柄にはアップルやグーグル、エクソンモービルなどの世界を代表する企業が含まれています。つまりこれらの企業にまんべんなく投資する、ということです。

 

 

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)の手数料

 

ノーロードなので購入手数料はかかりません。

信託報酬は0.1728%です。純資産100万円に対して約1800円です。

 

 

何故米国株式か?

 

私のポートフォリオは米国だけではありませんが、米国株式を主力とする方針は今後変える予定はありません。その理由はアメリカという国のポテンシャルです。

 

S&P500の過去30年の株価の動きです。

1990年には600ドルでしたが、その後上昇を続けて2018年には2019ドルまで上昇しました。

2008年のリーマンショックでは900ドル近くまで下落しましたが、その後素早く回復軌道に乗り、11年で約3倍まで上昇しました。

 

一方の日経平均株価はどうでしょうか?2000年以降株価は上昇と下降を続けていますが、上昇傾向にあると言い難いです。

1989年に記録した39,000円をいまだに超えることができていないのです。

 

 

 

世界中から優秀な頭脳が集まり、新しい産業を生み出していくアメリカがもつエネルギーは凄まじいと思います。

一方で日本は人口が減り、これからの経済成長は見込めません。2018年の日経平均は全体的に好調な推移でしたが、オリンピック後の上昇要因はないと思っています。

 

私はアメリカのもつエネルギーに投資したいと思っています。それを最も低コストで実現させてくれるのがeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)だと考えています。

 

それでは。

 

関連記事:

emaxis slim 全世界株式(除く日本)をメインに積み立てる

米国株に投資する理由は米国人の株式保有比率が高いから!

インデックス投資 | 迷うならさっさとeMAXIS Slimを選ぼう!

Sponsored Link



 

 

 

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

2019年10月の資産公開 | 2771万円(67万円増加)

  チャンドラです。   2019年10月の資産運用状況を公開します。 合計資産は27,707,822円で前月より67万円増加しました。   総資産の推移: 2019年8 …

マネックス・アクティビスト・ファンド。「対話」で企業価値って向上するのかな?

  最近やたら広告で出てくる信託報酬2%超えは私の感覚では高すぎると書きました。 どのファンドかといえば、マネックス・アクティビスト・ファンドなんですけどね。サイト:Link このファンドの …

成果報酬型資産運用サービスSUSTENの手数料は安いのか?WealthNaviと比較。

  マネーフォワード利用者の6割が資産運用してないそうですが、そんな状況を打開するために、マネーフォワードが業務提携したのがSUSTEN。 私はSUSTENを初めて知ったのですが、SUSTE …

ドルコスト平均法でインデックス投資するのが最も精神的に楽

  チャンドラです。   私はインデックス・ファンドにドルコスト平均法で積み立てています。 ドルコスト平均法は、自分の保有する株が上がろうが下がろうが、同じ金額で株を定期的に買い続 …

2050年の世界GDPランキング予測

チャンドラです。   私はインデックス・ファンドに投資して資産を長期で運用しています。   新興国株式もポートフォリオに組み入れていますが、どれだけの割合を組み入れるべきかは悩みの …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ