資産運用

毎月5万円投資すると30年後の資産は?

投稿日:2018年12月6日 更新日:

 

チャンドラです。

 

資産運用するうえで毎月いくら積み立てるとどれだけの資産になるかを把握することは大切です。

 

毎月5万円を投資した場合、30年後の資産はどのような結果となるでしょうか?年利を1%、3%、5%各々のシミュレーション結果は次のようになりました。

 

ケース1:経済が成長し続ける

 

 

毎月5万円を年利3%で運用した場合、積立額の約1.5倍になります。年利5%の場合は約2.3倍にも達します。

 

これは経済成長が継続し、株価が上昇し続けることを想定しているため、かなり楽観的なケースです。ここでは10年おきに景気の波が来るケースを考えてみます。

 

ケース2:10年おきに景気が循環 好景気 ➡ 不景気 ➡ 好景気

ケース3:10年おきに景気が循環 不景気 ➡ 好景気 ➡ 不景気

 

ここで年利3%とは、好景気のときは株価が3%上昇し、不景気の時は株価が3%さがる、とみなします。年利1%は株価の変動が小さい株式、年利5%は株価の変動が大きい株式です。

 

 

ケース2では、年利3%のとき約1.2倍、年利5%のときは約1.3倍となりました。

 

 

一方ケース3では、年利3%のとき約0.85倍、年利5%のときは約0.77倍となりました。不景気の期間が長かったため、資産が元本割れしています。

 

最後に1年おきに景気が循環するケースを見てみます。

 

 

結果はどの年利でも投資額とほとんど差はありませんでした。

 

以上をまとめると:

  • 年利5%なら30年後に2.3倍になる。
  • 株価が下がる期間が長いと元本割れする。株価の変動幅が大きな株式ほど損失は大きい。
  • 景気の波の周期が短いほど30年後の評価額に差はなくなる。

 

以上、簡単なシミュレーションでした。

 

それでは。

 

私の現在のブログランキングはこちらです:

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

 

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

自分が親からいくら投資されてきたかを意識する

  チャンドラです。   人が生まれてから社会人になるまでにどれくらいお金がかかるのかを考察してみます。言い換えると、その人の両親は子供が社会人になるまでの間どれだけのお金を投資し …

個人年金保険の年利はいくら? | 節税とクレカポイント込み | 住友生命 たのしみワンダフル

  チャンドラです。   前回の記事で個人年金保険 ニッセイ みらいのカタチの年利を計算してみました。 今回は住友生命 たのしみワンダフルの金利を計算してみます。前回同様に節税効果 …

2019年5月の資産公開 | 2421万円(S&P500下落で28万円減)

Sponsored Link チャンドラです。   2019年5月の資産運用状況を公開します。 合計資産は24,216,946円で前月より28万円減少しました。   履歴: 201 …

【金融リテラシー】利率と利回りの違いを理解しよう!

  チャンドラです。   「利率」と「利回り」は意味が違います。 「利率」は「表面利率」ともよばれ、額面金額に対して毎年受け取る利子の割合の事です。 「利回り」は投資金額に対する利 …

NISA | 楽天・全米株式インデックスの損益 | 2019年12月末

  私はつみたてNISAで楽天・全米株式インデックスに投資しています。 今月の損益は次の通りでした。   積立額:299,988円 評価額:336,526円 損益:+36,538円 …


チャンドラです。

都内在住の30代前半会社員です。社畜なので趣味は仕事です。6年間で貯めた2000万円を元手にインデックス投資を始めました。

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

極貧時代の話は:こちら

海外駐在の話は:こちら

お問い合わせは:こちら

応援クリックお願い致します!


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ