資産運用

毎月5万円投資すると30年後の資産は?

投稿日:2018年12月6日 更新日:

 

チャンドラです。

 

資産運用するうえで毎月いくら積み立てるとどれだけの資産になるかを把握することは大切です。

 

毎月5万円を投資した場合、30年後の資産はどのような結果となるでしょうか?年利を1%、3%、5%各々のシミュレーション結果は次のようになりました。

 

ケース1:経済が成長し続ける

 

 

毎月5万円を年利3%で運用した場合、積立額の約1.5倍になります。年利5%の場合は約2.3倍にも達します。

 

これは経済成長が継続し、株価が上昇し続けることを想定しているため、かなり楽観的なケースです。ここでは10年おきに景気の波が来るケースを考えてみます。

 

ケース2:10年おきに景気が循環 好景気 ➡ 不景気 ➡ 好景気

ケース3:10年おきに景気が循環 不景気 ➡ 好景気 ➡ 不景気

 

ここで年利3%とは、好景気のときは株価が3%上昇し、不景気の時は株価が3%さがる、とみなします。年利1%は株価の変動が小さい株式、年利5%は株価の変動が大きい株式です。

 

 

ケース2では、年利3%のとき約1.2倍、年利5%のときは約1.3倍となりました。

 

 

一方ケース3では、年利3%のとき約0.85倍、年利5%のときは約0.77倍となりました。不景気の期間が長かったため、資産が元本割れしています。

 

最後に1年おきに景気が循環するケースを見てみます。

 

 

結果はどの年利でも投資額とほとんど差はありませんでした。

 

以上をまとめると:

  • 年利5%なら30年後に2.3倍になる。
  • 株価が下がる期間が長いと元本割れする。株価の変動幅が大きな株式ほど損失は大きい。
  • 景気の波の周期が短いほど30年後の評価額に差はなくなる。

 

以上、簡単なシミュレーションでした。

 

それでは。

 

私の現在のブログランキングはこちらです:

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

 

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

インデックス投資で儲けるのは難しいが儲けたいなら方法はたった一つ。

  インデックス投資で儲けるのは難しいが儲けたいなら方法はたった一つ。 買って買って買いまくってひたすらホールド。 いまさら強調するほどのことではないですが、これしかないと思います。 S&a …

「メガバンクはあの手この手で手数料を取る」というかATMとか通帳で手数料取るのは当然では?

  みずほ銀行のATMからキャッシュカードや通帳が戻らない大規模なトラブルがあったようですね。キャッシュカードが出てこないのは怖いな ww ATMのシステムに詳しくはないのですが、データ移行 …

その投資は儲かるのか?利回りで考えよう

  私は2018年からインデックス投資につみたて投資をしています。 インデックス投資のリターンは次の通りでした。 2018年:-10.60% 2019年:+11.18% これを2年間の利回り …

テーマ型投信の立ち位置は中途半端。分かりやすくて販売しやすいだけ。

  「買ってはいけないテーマ型投資信託 – 行動経済学で考える投資の勘違い」 という記事が面白かったので引用。 インデックス型は市場の指数、例えばTOPIXや日経平均に連動を目指 …

結局SPY (S&P500指数)とSPYD (S&P500高配当指数)のどちらに投資すべきか?

  前回の続き。 過去のある期間のチャートを切り取ってSPYが良いだのSPYDが良いだのと分析して何の意味があんの?ってこと。・・・ ある一時期を切り取ってパフォーマンスを比較しても意味ない …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ