資産運用

毎月5万円投資すると30年後の資産は?

投稿日:2018年12月6日 更新日:

 

チャンドラです。

 

資産運用するうえで毎月いくら積み立てるとどれだけの資産になるかを把握することは大切です。

 

毎月5万円を投資した場合、30年後の資産はどのような結果となるでしょうか?年利を1%、3%、5%各々のシミュレーション結果は次のようになりました。

 

ケース1:経済が成長し続ける

 

 

毎月5万円を年利3%で運用した場合、積立額の約1.5倍になります。年利5%の場合は約2.3倍にも達します。

 

これは経済成長が継続し、株価が上昇し続けることを想定しているため、かなり楽観的なケースです。ここでは10年おきに景気の波が来るケースを考えてみます。

 

ケース2:10年おきに景気が循環 好景気 ➡ 不景気 ➡ 好景気

ケース3:10年おきに景気が循環 不景気 ➡ 好景気 ➡ 不景気

 

ここで年利3%とは、好景気のときは株価が3%上昇し、不景気の時は株価が3%さがる、とみなします。年利1%は株価の変動が小さい株式、年利5%は株価の変動が大きい株式です。

 

 

ケース2では、年利3%のとき約1.2倍、年利5%のときは約1.3倍となりました。

 

 

一方ケース3では、年利3%のとき約0.85倍、年利5%のときは約0.77倍となりました。不景気の期間が長かったため、資産が元本割れしています。

 

最後に1年おきに景気が循環するケースを見てみます。

 

 

結果はどの年利でも投資額とほとんど差はありませんでした。

 

以上をまとめると:

  • 年利5%なら30年後に2.3倍になる。
  • 株価が下がる期間が長いと元本割れする。株価の変動幅が大きな株式ほど損失は大きい。
  • 景気の波の周期が短いほど30年後の評価額に差はなくなる。

 

以上、簡単なシミュレーションでした。

 

それでは。

 

私の現在のブログランキングはこちらです:

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

 

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

エクセルのソルバーで効率的フロンティア曲線を作成しよう。最適なアセットロケーションの決定。

  過去記事でWealthNaviのアルゴリズムを紹介しました。WealthNaviのアルゴリズムは現代ポートフォリオ理論に基づいています。 そのアルゴリズムをざっくりいえば、リスク・リター …

投資方法の優劣はつけられるか?可能だが公平な比較は難しいと思う理由。

  インデックス・ファンドか、セクターETFか、成長銘柄か。はたまた高配当銘柄か。どの投資手法が一番大きなリターンを手にすることができるか?と問えば、その答えを出すのは難しいと思っています。 …

メルカリで売れた意外なものを紹介

  チャンドラです。   家の中の不要なものをよくメルカリで売っています。 これまでメルカリで10万円以上商品を売ってきました。 その際「こんなものまで売れるの??」という商品がよ …

ハイテク直撃 | バイデン氏当選でセクターローテーションが起きるか?

  企業への増税を掲げるバイデン氏が米大統領選に当選した場合、企業の収益がどれだけ減るかWSJの記事で分析されています。 バイデン氏は連邦法人税率の21%から28%への引き上げ、米国外での収 …

TECLとTQQQのレバレッジ3倍は高すぎるのか?最適レバと比較すると全然高くなかった。

  前回の記事ではS&P500の最適レバレッジが1.75倍であることを紹介しました。ポイントだけ再掲します。 (1) ポートフォリオにレバレッジをかけるとリスクとリターンが高くなる。 …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ