資産運用

老後資金を確保するため投資すればいいか?(2千万、3千万、4千万)

投稿日:2019年9月25日 更新日:




 

チャンドラです。

 

2000万円の老後資金を確保するためにいくら投資する必要があるか計算しました。

30年間に利回り5%のファンドに投資することを前提としています。投資方法は初年度に一括投資か毎月一定額を積み立てる2通りです。

 

30年後に2000万円確保

 

運用益2000万円を得るためには:

一括:初年度に465万円投資

積立:毎月2.4万円を合計870万円投資

 

30年後に3000万円確保

 

 

運用益3000万円を得るためには:

一括:初年度に695万円投資

積立:毎月3.6万円を合計1290万円投資

 

30年後に4000万円確保

 

 

運用益4000万円を得るためには:

一括:初年度に925万円投資

積立:毎月4.8万円を合計1740万円投資

 

まとめ

 

まとめると次のようになりました。

 

老後資金2000万円が必要だと騒がれて久しいですが、30歳前後で500万円程度を利回り5%のファンドに投資して放置しておけば、2000万円はクリアできることになります。

若いうちから支出管理をしっかり行い節約に励めば、30歳前後で500万円を作るのは難しくないでしょう。

ファンドは米国S&P500や新興国含めた全世界株式のインデックス・ファンドに長期投資すれば5%は目指せると思います。

5%とか書いてるけど実際5%出せんの?と聞かれそうです。私はインデックス・ファンドに1年前から投資していますが、今のところ約5%のリターンとなっています。

 

老後にいくら必要かをザックリ見定めて、そのためには何にいくら投資すればよいかを若いうちから考えることが重要です。投資を始めるのが若ければ若いほど複利の効果を活かすことができるからです。

それでは。

 

関連記事:

過去の米国S&P500に毎月5万円投資し続けた場合のリターン

インデックス投資 | 迷うならさっさとeMAXIS Slimを選ぼう!

物にこだわるサラリーマンが買ってよかった物を全て紹介 | 2018年度版

Sponsored Link



 

私のブログランキングはこちら:

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

企業は何年S&P500インデックス構成銘柄でいられるのか?

  S&P500米国株式インデックスは米国の代表的な500銘柄を時価総額加重平均した指数です。 構成銘柄に採用されている企業の時価総額が縮小したり倒産したり、他社に合併吸収されたりし …

国民一律10万円の再給付で損するのは金持ちか?

  「一律10万円」再給付、反対派にこそ知ってほしい絶対たるべき理由、という記事が面白かったので引用。 給付金を国民に一律で給付するのは、コロナで収入が激減した人だけでなく金持ちにも給付され …

いいぞもっと下がれ ww | 運用成績 | 9月第4週

  今週のインデックス投資運用成績を公開します。   今週の積立金額:33万円 積立総額:2,743万円 評価額:2,955万円 先週の損益:+297万円(+9.9%) 今週の損益 …

米国株インデックス一択か全世界株インデックスか

  インデックス・ファンドに投資すれば銘柄選びに苦心することはありません。ただし、どこの地域に投資すべきかという点だけは考える必要があるでしょう。   ではどこの地域にすべきか?ど …

【質問】eMAXIS Slim 米国株式 かSBI・バンガード・S&P500どちらがいいか

  また読者様から質問を受けました。本当にありがとうございます ww 積立NISAを始めるところです。eMAXIS Slim 米国株式 (S&P500) かSBI・バンガード・S&a …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。6年間で貯めた2000万円を元手にインデックス投資を始めました。このブログで運用成績を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ