資産運用

老後資金を確保するため投資すればいいか?(2千万、3千万、4千万)

投稿日:2019年9月25日 更新日:




 

チャンドラです。

 

2000万円の老後資金を確保するためにいくら投資する必要があるか計算しました。

30年間に利回り5%のファンドに投資することを前提としています。投資方法は初年度に一括投資か毎月一定額を積み立てる2通りです。

 

30年後に2000万円確保

 

運用益2000万円を得るためには:

一括:初年度に465万円投資

積立:毎月2.4万円を合計870万円投資

 

30年後に3000万円確保

 

 

運用益3000万円を得るためには:

一括:初年度に695万円投資

積立:毎月3.6万円を合計1290万円投資

 

30年後に4000万円確保

 

 

運用益4000万円を得るためには:

一括:初年度に925万円投資

積立:毎月4.8万円を合計1740万円投資

 

まとめ

 

まとめると次のようになりました。

 

老後資金2000万円が必要だと騒がれて久しいですが、30歳前後で500万円程度を利回り5%のファンドに投資して放置しておけば、2000万円はクリアできることになります。

若いうちから支出管理をしっかり行い節約に励めば、30歳前後で500万円を作るのは難しくないでしょう。

ファンドは米国S&P500や新興国含めた全世界株式のインデックス・ファンドに長期投資すれば5%は目指せると思います。

5%とか書いてるけど実際5%出せんの?と聞かれそうです。私はインデックス・ファンドに1年前から投資していますが、今のところ約5%のリターンとなっています。

 

老後にいくら必要かをザックリ見定めて、そのためには何にいくら投資すればよいかを若いうちから考えることが重要です。投資を始めるのが若ければ若いほど複利の効果を活かすことができるからです。

それでは。

 

関連記事:

過去の米国S&P500に毎月5万円投資し続けた場合のリターン

インデックス投資 | 迷うならさっさとeMAXIS Slimを選ぼう!

物にこだわるサラリーマンが買ってよかった物を全て紹介 | 2018年度版

Sponsored Link



 

私のブログランキングはこちら:

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

S&P500絶好調の後に来る調整とか暴落に備えるマインドセット

  私が愛読する「市場サイクルを極める」からの引用。 軽視されたり、見落とされたりしているかもしれないが、私の経験から言うと、金融サイクルはおおむね対照的である。サイクルのあらゆる動きには「 …

リスク (神々への反逆)ピーター・バーンスタインの書評。リスクマネジメントの歴史を理解できる良書。

  過去記事からの引用: インデックス投資を開始して2年半近くが経過しました。 投資を始めた当初は、投資関連の書籍やニュース記事を読むことで経済や金融に詳しくなることを資産運用の副次的な効果 …

インフレ時代は公益株式・新興国株式・金が狙い目らしいが・・・。

    ピクテの記事からの引用。 迫り来るインフレから資産を守るため、初めて資産運用を検討されている方がいらっしゃるかもしれません。また、改めてインフレに強い資産を探されている方も …

前払い退職金を年率何%で運用すれば得するか?

  私は会社の前払い退職金制度を使って、退職金を前払いで受け取っています。30年後に退職時に受け取る退職金を事前にもらって自分で運用することで、大きな資産を築けると考えているからです。 &n …

何故若けりゃリスクとって投資できるのか?人的資本=債券 という考え方。

  前回の続き。 若いうちはリスク取ってリスク高めの投資を推奨される場合があります。 例えばリスク資産の割合を(100-年齢)%にしろという有名なルール。このルールに従うなら20歳でリスク資 …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ