資産運用

老後資金を確保するため投資すればいいか?(2千万、3千万、4千万)

投稿日:2019年9月25日 更新日:




 

チャンドラです。

 

2000万円の老後資金を確保するためにいくら投資する必要があるか計算しました。

30年間に利回り5%のファンドに投資することを前提としています。投資方法は初年度に一括投資か毎月一定額を積み立てる2通りです。

 

30年後に2000万円確保

 

運用益2000万円を得るためには:

一括:初年度に465万円投資

積立:毎月2.4万円を合計870万円投資

 

30年後に3000万円確保

 

 

運用益3000万円を得るためには:

一括:初年度に695万円投資

積立:毎月3.6万円を合計1290万円投資

 

30年後に4000万円確保

 

 

運用益4000万円を得るためには:

一括:初年度に925万円投資

積立:毎月4.8万円を合計1740万円投資

 

まとめ

 

まとめると次のようになりました。

 

老後資金2000万円が必要だと騒がれて久しいですが、30歳前後で500万円程度を利回り5%のファンドに投資して放置しておけば、2000万円はクリアできることになります。

若いうちから支出管理をしっかり行い節約に励めば、30歳前後で500万円を作るのは難しくないでしょう。

ファンドは米国S&P500や新興国含めた全世界株式のインデックス・ファンドに長期投資すれば5%は目指せると思います。

5%とか書いてるけど実際5%出せんの?と聞かれそうです。私はインデックス・ファンドに1年前から投資していますが、今のところ約5%のリターンとなっています。

 

老後にいくら必要かをザックリ見定めて、そのためには何にいくら投資すればよいかを若いうちから考えることが重要です。投資を始めるのが若ければ若いほど複利の効果を活かすことができるからです。

それでは。

 

関連記事:

過去の米国S&P500に毎月5万円投資し続けた場合のリターン

インデックス投資 | 迷うならさっさとeMAXIS Slimを選ぼう!

物にこだわるサラリーマンが買ってよかった物を全て紹介 | 2018年度版

Sponsored Link



 

私のブログランキングはこちら:

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2012年以降の資産推移と今後の予測を公開

    チャンドラです。   私は2012年に上京し社会人生活をスタートさせました。 社会人になってからは毎月自分の資産を記録していました。自分の資産を振り返ってみます。 …

2020年の投資の目標はナシです ww

  2020年の投資の目標。   ズバリ、ナシです。   インデックス投資家たるもの、資産は神の見えざる手でコントロールされている市場に委ねるので、 「今年は利益100万 …

資産運用はただ金を増やすだけの単純なものではない。真剣に取り組むほど金以外で得るものは多い。

  私はブログのサブタイトルに「資産運用とは身銭を切って人生と向き合うことだ」と書いています。 たかが株を買うことぐらいで人生と向き合うだなんて大げさでしょうか?私はそうは思いません。 人間 …

朝起きたら40万円マイナス | 対中関税第4弾

  チャンドラです。   トランプ大統領がまたやってくれました。今年9月に中国からの輸入品のうち、これまで制裁対象外としていた約32兆円分の品目に対して10%の関税を課すと表明した …

「投資初心者は投資信託より株を買いなさい」なわけないだろ www

  「投資初心者は投資信託より株を買いなさい」という記事からの引用。 投資に興味がある人は多い。それなら、やけどしない程度にちょっとだけやってみるのもいいでしょう。こう書くと、「ではリスクが …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ