資産運用 金融工学

30年後に2000万円欲しいときに積み立てるべき金額

投稿日:




 

老後2000万円問題が以前話題になりました。退職時に2000万円ないと老後破綻するという内容です。

2000万円という数字が独り歩きした感は否めないです。当たり前ですが必要な金額は、年金受給額やローン有無など個人の状況に大きく依存します。

定年まで勤めあげたサラリーマンであれば年金受給額は毎月16万円くらい。結婚している場合、配偶者が共働きか専業主婦によりますが、世帯合計で毎月25万円くらい。毎月25万円なら感覚的に全生活費をカバーできる気がしますし、旅行したいとか、高い飯食いたいとか、介護とかで金かかるのを考えれば、2000万円はまあ妥当かなという気もします。

定年まで勤めあげたサラリーマンなら退職金で2000万円近くをゲットできそうですが、仮にこの2000万円を積み立て投資でカバーする必要がある場合、毎年いくら積み立てるべきか考えてみます。また、2000万円必要か?は人によるので、ターゲットを1000万円~4000万円と幅を持たせて検討します。

以下は前提条件。

(1) S&P500連動ファンドを想定。年率リスクとリターンはそれぞれ20%と7%とする。

(2) 株価は幾何ブラウン運動すると仮定、モンテカルロでシミュレーション。

(3) 30年間積み立てる。年間積立金額は20万円~60万円の5通り。

(4)30年後の評価額の中央値を調べる。(平均値を見るのが定石ですが、今回はコンサバにして中央値を見てみます。)

年間40万円積み立てた場合、30年後の評価額の分布は以下の通りでした。ファンドの価格変動のために分布は広がりをもちます。中央値は1900万円でした。

年間投資額別の総投資額と30年後評価額の中央値をまとめたのが以下の表です。

仮に運用で2000万円欲しいのであれば、年間40万円投資すればよいことが分かります。(細かいことを言うと売却益に20%税金が引かれるので、iDecoやNISAを使うのが大前提。)

この表は「投資しすぎたくない」という観点からも使えます。例えば退職金を十分もらえるから2000万円もいらんけど1000万円くらいは運用で用意しておきたい、と考えるなら、年間20万円だけ投資しておけばよいと判断できます。

 

関連記事:

S&P500の積立投資と一括投資のリスクを確率分布の形状から定量的に比較する。

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用, 金融工学

執筆者:

関連記事

ウォーターフォール投資法の謎。「毎月5000円で自動的にお金が増える方法」書評。

  「毎月5000円で自動的にお金が増える方法」でミアン・サミ氏が提唱しているのがウォーターフォール投資法。 何か気づきが得られるのではないかと思って読んでみました。 私が提案するのが、自動 …

過去の米国S&P500に毎月3万円投資し続けた場合のリターンを計算

  チャンドラです。   過去の米国S&P500に20年間投資していたらどれだけ利益を出せていたか計算してみました。毎月3万円を投資し続けた場合を考えます。 下のグラフが2 …

【質問】なぜインデックスファンドだけをひたすら買うの?

  私のような社畜にも珍しく読者様から質問を受けました。 なぜインデックスファンドだけをひたすら積み立てているのですか?  もっとリターンが大きいハイテク株や高配当株を買うことはしないのです …

株式投資のスタイルは一番初めに読んだ本でほぼ決まるのではないか?

  インデックス投資であれ高配当株投資であれ、株式投資のスタイルは一番初めに読んだ本に大きく影響を受けるのではないかと思っています。 私は一貫してインデックス投資をしています。私がこれまで読 …

資産公開 | 3042万円(161万円増加)| 2019年12月末

  2019年12月の資産運用状況を公開します。 合計資産は30,425,609円で前月より161万円増加しました。   総資産の推移: 2019年10月:  27,707,822 …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ