資産運用

200週間連続でインデックスファンドに積み立てできたのは自信を持てたから。

投稿日:2022年7月6日 更新日:




 

インデックス投資を開始したのが4年前。

毎週積み立てしていますが、200週目に達しました。だから何だという話でもあるのですが、200というのはキリが良い数字なので記事を上げておきます。

買い付け金額と評価額の推移は下のような感じです。銘柄は最近の運用成績を参照。

※自動積立がされなかった週や投資額を増減させた週もあります。

私が少しだけ人に誇れることがあるとすれば、それは毎週積み立てを決してやめなかったことと暴落してもビビッて売らなかったことでしょうか。

私には投資の方針方法根拠があります。

方針:

資産の90%をインデックスファンドで運用

方法:

給料も副業収入も自動積立機能でファンドにぶちこむ

根拠:

これは過去記事で書いてますが、ざっくりまとめると:

(1) インデックス投資の優位性には「すべての株式銘柄の時価総額加重平均が最適 (=シャープレシオが最大)」という理論的裏付けがあるから。参照記事:リンク

(2) 長期投資においては積立よりも一括の方が元本割れしにくいので、毎月の収入は貯めずにその月に投資してしまった方がよい。参照記事:リンク

(3) 全資産のうちリスクに晒すべき資産はマートンのポートフォリオ問題で考察できます。リスク資産の最適比率= 最適レバレッジ比率/RRAという式で計算できますが、これによると私がリスク資産の最適比率は約90%。参照記事:リンク

(1)~(3)の理論や定量的考察には理想化した前提条件や過去のデータから推測した数値が入っているため、「完璧な考察」ではありません。ですが、こうやって理論の理解や定量的根拠をもっておけば、投資方針はブレません。これは自信をもって言えます。

特定のやり方に固執するのは、いまだにFAXとかフロッピーディスク使うみたいに)、世の中の流れや進歩に背を向けるようなネガティブな印象を与えかねないですが、個人投資に関しては過去の偉人がすでに王道を示しているので、王道に従って投資するのが道を間違えない唯一の方法だと固く信じています。

 

関連記事:

【意外】S&P500つみたて投資は一括投資より元本割れしやすい理由を数字で説明する。

なぜ全てのリスク資産の時価総額加重平均が最適なポートフォリオなのか?その理由と理論的背景。

【結論】マートンのポートフォリオ問題で最適なリスク資産割合を計算する。

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用

執筆者:


  1. アバター ゴン より:

    こんにちは!いつもブログ楽しませて頂いております。
    本記事とは全く関係ないのですが、個人的に面白かった本を共有したく!
    サイコロジー・オブ・マネーという本はご存知でしょうか?
    内容が普段チャンドラさんがこのブログでお伝えされていることの根幹の部分に近く、投資と向き合うためのバイブルのような一冊でした。
    ご多忙とは存じますが、一読されることをお勧めいたします!

    • chandra11 chandra11 より:

      コメントありがとうございます。

      サイコロジー・オブ・マネーは知りませんでした。読んでみますね。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

投資やるなら「投資の大原則 人生を豊かにするヒント」だけ読んでおけばよくないか

  バートン・マルキルとチャールズ・エリス共著の「投資の大原則 人生を豊かにするヒント」を図書館で発見したので読んでみたのですが、確信しましたよ。 長期投資するなら、もうこの1冊だけ読んでお …

役に立たない流行の投資本買うより「ファイナンス理論入門」読んだ方がいい。この本は強く推す。

  本屋で投資関係の本をさーっと立ち読みした中でも、冨島佑允氏のファイナンス理論入門はとびぬけた良書だと思ってます。ちなみに本書は購入済み。 とにかく知性が滲み出ています。数字の裏付けがない …

米国S&P500 | 最高のリターンと最悪のリターンは同じ年に発生する

  バンガード社はコラム「市場の下落期に避けるべき3つの過ち」というコラムで、「最高の取引日も最悪の取引日もほぼ同時に起こる」ため、「マーケット・タイミングは不毛な行為」と述べています。以下 …

告白します。私は情報弱者でした | お金の勉強を怠った結果

  チャンドラです。   情報弱者という言葉があります。 有益な情報を得ることができないがために、経済的に不利益を被る人のことです。 ちなみに英語で「情報弱者になるな」をSTAY …

30年間積み立てるのと40年間積み立てるのでリターンはどれだけ変わるか?

    チャンドラです。   積立投資はできるだけ長い期間積み立てる方が高いリターンを得られる可能性が高いです。つまり積立投資を始める歳が若ければ若いほどいいということで …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ