資産運用 金融工学

人は損失に対して利益の2.5倍の痛みを感じる。ただし「2.5倍」は対価のスケールによると思う。

投稿日:2021年3月7日 更新日:




 

「私とあなたでジャンケンして買った人が1万円もらえます。負けた人は1万円払います。あなたはやりますか?」

もちろん私はやりません。1万円失うなんて怖すぎるから ww 行動ファイナンスの実験では、多くの人が「やらない」と回答することが知られています。

この結果がなぜ面白いかというと、ジャンケンで勝つ確率も負ける確率も共に50%なのだから、私がジャンケンの結果手にするお金の期待値はゼロ円なんです。でも、多くの人は損することにより多くの痛みを感じるからこのゲームをやろうとしない。

ではジャンケンして負けたら1万円支払うとして買ったらいくらもらえるのか?と問うてみると、その平均は2万5千円なのだそうです。つまり人は損失に対して利益の2.5倍の痛みを感じるんです。

 

Sponsored Link



 

再掲。人は損失に対して利益の2.5倍の痛みを感じるんです。

これはこれで参考になるんですが、私はちょっと疑っています。ゲームの賞金が数万円ならともかく、数十万円、数百万円のスケールだとしても「2.5倍」であり続けるのか?と。

極端な話、「私とあなたでジャンケンして買った人2.5億円もらえます。負けた人は1億円払います。あなたはやりますか?」と問われて、2.5倍ルールに則っているから「やります」と多くの人が答えるとは思えない。だって負けたら確実に借金人生が待ち構えているので。

ちよっと屁理屈っぽい考察ですが、大事な点だと思います。私が言いたいのは、損失に対して感じる痛みは対価のスケールによるということです。

「勝ったら100円もらって負けたら100円支払う」ゲームなら別に勝ったときもらえる金を250円にしなくても多くの人がゲームに参加するでしょう。

逆に「勝ったら2.5億円もらって負けたら1億円支払う」ゲームなら多くの人はビビッて参加しないでしょう。勝ったら5億でも参加しないかもしれません。

結局は対価のスケールによるでしょ、と。

 

関連記事:

「損失回避の法則」に従えば投資はリスクより元本割れ確率で議論した方が分かりやすい

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用, 金融工学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

米国株と金 (ゴールド)を混ぜたポートフォリオはシャープレシオを高める

  トウシルの「S&P500一本もちで大丈夫?」という記事では、分散効果を得るために、ポートフォリオに金 (ゴールド)を加えることを紹介しています。 S&P500に金を加える …

コインランドリー投資で見た赤字地獄・・・ウソつき営業マンの売上計画は絵にかいた餅・・・

  楽待のYoutubeチャンネルで「コインランドリー投資で見た赤字地獄」という動画を見たんですが、コインランドリー投資って難しそうですね。 (確か知り合いがやってたような気が・・・。) 初 …

過去35年のアセットクラスでは新興国株と米国株が優秀。

  Visual Capitalistの記事に1985年~2020年の35年間における各アセットクラスの年率リターンが紹介されています。 この記事は株に限らず色々なリスク資産のデータを載せて …

社畜のインデックス投資の目標(50歳で1.5億円)

  私は毎週一定金額をインデックスファンドに積み立ています。 具体的には資産の約90%を米国株式インデックスと全世界株式インデックスに投資しています。現金を銀行に寝かせるのではなく、成長続け …

米国株式市場の200年間セクターの興亡

  米国株式市場で各セクターの時価総額がどのように推移してきたかをこの記事で見ることができます。 例えば19世紀では市場のほとんどを金融セクターと輸送セクターが占めていました。一方で1920 …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ