資産運用 金融工学

人は損失に対して利益の2.5倍の痛みを感じる。ただし「2.5倍」は対価のスケールによると思う。

投稿日:2021年3月7日 更新日:




 

「私とあなたでジャンケンして買った人が1万円もらえます。負けた人は1万円払います。あなたはやりますか?」

もちろん私はやりません。1万円失うなんて怖すぎるから ww 行動ファイナンスの実験では、多くの人が「やらない」と回答することが知られています。

この結果がなぜ面白いかというと、ジャンケンで勝つ確率も負ける確率も共に50%なのだから、私がジャンケンの結果手にするお金の期待値はゼロ円なんです。でも、多くの人は損することにより多くの痛みを感じるからこのゲームをやろうとしない。

ではジャンケンして負けたら1万円支払うとして買ったらいくらもらえるのか?と問うてみると、その平均は2万5千円なのだそうです。つまり人は損失に対して利益の2.5倍の痛みを感じるんです。

 

Sponsored Link



 

再掲。人は損失に対して利益の2.5倍の痛みを感じるんです。

これはこれで参考になるんですが、私はちょっと疑っています。ゲームの賞金が数万円ならともかく、数十万円、数百万円のスケールだとしても「2.5倍」であり続けるのか?と。

極端な話、「私とあなたでジャンケンして買った人2.5億円もらえます。負けた人は1億円払います。あなたはやりますか?」と問われて、2.5倍ルールに則っているから「やります」と多くの人が答えるとは思えない。だって負けたら確実に借金人生が待ち構えているので。

ちよっと屁理屈っぽい考察ですが、大事な点だと思います。私が言いたいのは、損失に対して感じる痛みは対価のスケールによるということです。

「勝ったら100円もらって負けたら100円支払う」ゲームなら別に勝ったときもらえる金を250円にしなくても多くの人がゲームに参加するでしょう。

逆に「勝ったら2.5億円もらって負けたら1億円支払う」ゲームなら多くの人はビビッて参加しないでしょう。勝ったら5億でも参加しないかもしれません。

結局は対価のスケールによるでしょ、と。

 

関連記事:

「損失回避の法則」に従えば投資はリスクより元本割れ確率で議論した方が分かりやすい

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用, 金融工学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

この上昇相場でハイテク株を買えない愚鈍 ww

  好調なハイテク株に引きずられて米国株式指数は絶好調。S&P500もナスダックも過去最高値を更新。止まる気配がありません。どうせならハイテクに特化したQQQに投資してみたい気にもな …

パレート図で見るS&P500で爆益得る確率。リターン4倍の確率は50%近くもある。

    過去記事でS&P500の過去リターンのパレート図を作成しました。 パレート図からリターンがある値を超えた割合を簡単に計算することができます。度数を数えるだけなので。 …

「永久に持っておきたい6つの高配当米国株」よりS&P500インデックスファンドを永久に持っておけ ww

  Google Search Consoleを使うと、私のサイトにきた人がどんなワードを検索してサイトにたどり着いたのかを見ることができます。 最近増えている検索ワードが「永久に持っておき …

【人生変わった】投資信託を1年続けて分かったこと

チャンドラです。   投資信託を開始してちょうど1年が経過しました。 私が投資信託を始めたのは山崎元氏の「ほったらかし投資術」という本を読んだのがきっかけでした。たまたま会社で企業型確定拠出 …

株価が下がれば「爆損 ww」と自虐ネタに走る理由は合理的だから。

  株式投資をしていると自分が「コレだっ!」と選んで買った銘柄が大きく下がってしまうことはよくあるでしょう。私は個別株への投資はやらずインデックスに投資しているのですが、運用を開始した当初は …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ