社畜

100円ショップの商品が国産でも安い理由。これは知らなかったな ww

投稿日:2021年9月3日 更新日:




 

私はよく100円ショップに行くのですが、たまに「100円でこのクオリティか!!」と唸る商品もあります。

100円ショップでの商品が値段の割に安いのは、海外の人件費が安い工場で作ってるからだと思ってましたが、中では国産でも安い物があります。

なんでかな~と思ってたんですが、「スタバではグランデを買え」という本に面白いことが書いてました。

日本製の食器などで、デパートでは1個1000円以上で売っている商品とさほど変わらない商品が、100円ショップで売られていることがあります。なぜ、そんなことが可能になるのでしょうか。

ある商品のコスト構造を分解した例を挙げると、

原材料コスト:50円/個

設備コスト:200円/個

労働コスト:200円/個

その他に梱包、輸送、デパートで売るためのコスト、デパートの利益などを含めると、商品の値段は1000円。

ところが、100円ショップがこの工場に注文するときは、一度にまとまった数量の商品を注文し、完全に買い取ります。しかも、ひとつのデザインの商品だけを、1か月後の納入期限までに製造すればよいといった条件での注文をします。

工場側には、もともと、製造能力に余力があります。デパートの細かな注文に機動的に対応するには、かなり余裕のある製造能力が必要だからです。そのため、何も作らないのに職人に賃金を支払う (職人と設備を遊ばせておく)日もあります。

そのような工場にとって、100円ショップ向けの商品は、1か月のうちでいつ製造してもいいいという条件で作れる商品ですから、遊んでいる設備と職人の有効活用になります。このとき、追加で必要になる製造コストは原材料コスト (1個あたり50円)だけになります。

・・・

だから、100円ショップはこの工場から1個60円の価格で仕入れることが出来て、店頭で1個100円で売ることが出来るのです。

 

Sponsored Link



 

なるほどね~。

職人や設備を遊ばせたくない工場と、いつでもいいから安くつくって欲しいという100円ショップの思惑を一致させた、資源の有効活用ですね。これは知りませんでした。頭イイな ww

「使ってない物の有効活用」って言うのは簡単ですが、探せばいろいろな方法が見つかりそうですね。

 

参考:

関連記事:

賢い消費者とバカな消費者を分けるテスト ww

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-社畜

執筆者:


  1. アバター とおりすがり より:

    個別最適が全体最適でない例ですな。
    需要が一定だとすると、安売りが入ることで生産品の価値が下がる。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

そろそろ社畜して投資のリターンのことは忘れようか ww

  2020年前半はかなり忙しくて毎月の残業時間が60時間くらいでした。一方で、後半はコロナの影響もあって仕事量も少し減って早く帰れる日が続きました。 早く帰れる日が続いたのは5年ぶりくらい …

ノーネクタイでだらしない日本人サラリーマン ww

  昔ある記事で読んだファッション・リーダー的なオッサンのコラムに、クールビズを猛烈に批判した記事がありました。「クールビズが推奨されているが、ノーネクタイ、ノージャケットなんてあり得ない」 …

壊れた高級キーボードを自力で修理成功ww

  私はよく使うものには金を惜しまずに使います。 キーボードは特にそうで、毎日パソコンを使って仕事をするので、キーボードはちょっと高級なメカニカルキーボードを使っています。私が愛用しているの …

J.ScoreのAIスコアをやってみた | 信用スコア

  チャンドラです。   個人の信用度を数値化する信用スコアが注目されています。信用スコアは特に中国での普及が先行していて社会的に大きな影響を及ぼしつつあります。信用スコアが高い人 …

スピード重視の社員とクオリティ重視の社員を隣同士で座らせれば最強らしい ww

  生産性を高めたければ座席の配置を見直しなさいという記事からの引用。 働き手のパフォーマンスを上げるために、雇用主は報償やインセンティブ、教育や研修などにしばしば投資する。こうした昔ながら …

チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ