金融工学

投資比率100-年齢でリスク・リターンはどう変わるか?

投稿日:2021年11月30日 更新日:




 

リスク資産にどれだけ投資すればよいか?に100-年齢の法則があります。

例えば30歳なら現金を30%、リスク資産を70%もつというもの。

数字はともかくとして、この法則に素直に従えば年取ったときにリスク資産の比率を下げて暴落による資産激減を避けることができるので感覚的には使えそうです。なによりも覚えやすいというメリットがります。

ところでこの法則にした従うとポートフォリオのリスクとリターンってどう変わるのか?

仮にS&P500と現金だけをポートフォリオに入れるとしましょうか。S&P500ならリスク20%・リターン7%。これがどう変わるのか?

米国S&P500を平均リターン7%・リスク20%の幾何ブラウン運動でモデル化する理由

 

Sponsored Link



 

現金とS&P500の相関関係はゼロ。これらの比率を変えるとリスク・リターン上では原点とS&P500の点を結んだ線上でポートフォリオのリスク・リターンが変化していきます。

投資を30歳から開始して60歳まで終えるとするとリスク・リターンは青い矢印に従って変化します。

30歳:リスク14%、リターン5%

60歳:リスク8%、リターン3%

現金を含めたポートフォリオ全体のリスクはこの30年間で14%から8%まで下がることが分かりました。

で?って感じですね。14%から8%まで下がってどうなるの?と。

リスクが14%とか8%とか言われてもピンとこないですよね。そんなときこそ元本割れ確率です。

例えば1000万円もってるとします。法則によれば30歳では現金300万円・株式700万円。60歳では現金600万円・株式400万円。

その1000万円が減る確率が何%なのかを計算すればリスク定価の度合いを実感できます。その計算は別記事で。

「損失回避の法則」に従えば投資はリスクより元本割れ確率で議論した方が分かりやすい

 

Twitterでブログ記事の更新通知を受け取れます:

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-金融工学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

S&P500に短期でレバレッジをかけたときの比較。レバレッジ3倍がショボすぎて泣ける ww

  前回の続き: 10年間レバレッジ3倍かけると: 元本割れ確率は45%でトップ。 リターンが3倍を超える確率はリターン2倍よりも劣る。 意外ですね。せっかく3倍レバレッジかけたのに元本割れ …

S&P500の2倍レバレッジを長期保有するとどうなるか?30年間投資するならレバレッジかけなくてもいい理由。

  過去記事でS&P500のレバレッジなし、2倍レバレッジ、3倍レバレッジを定量的に比較しました。 株価のリスク・リターンが20%・7%の幾何ブラウン運動すると仮定して計算。見えてき …

なぜS&P500 3倍レバレッジが暴落に弱いかを定量的に説明する。幾何ブラウン運動+ジャンプ過程。

  過去記事で紹介した、暴落を取り入れた幾何ブラウン運動のシミュレーションをS&P500の3倍レバレッジに適用してみます。 ちなみに私が知る限り、S&P500 3倍レバレッジ …

S&P500の過去リターンをヒストグラムで見る。非対称なグラフが示す成長性。

  過去記事でS&P500の年平均リターンは7%だと紹介しました。1928年~2020年の期間で365日間のリターンをヒストグラムにして算出した結果です。詳細は過去記事参照: 米国S …

投資金額 x 年数とリターンの関係を定量的に示す。

  インデックス投資でリターンを高めるのに重要なのは、(投資金額) x (年数)です。ファンドの価格は制御不能ですが、投資金額と年数は個人で制御できます。 この記事では、トータルリターンと( …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ