資産運用

米10年債利回りと米S&P500リターンの相関関係は利回り5%を境に変わる。

投稿日:




 

米国10年国債の利回りとS&P500リターンの相関関係を示したのが下の図です。J.P. Morganの資料から抜粋。

1963年~2015年のデータを基にしています。縦軸は相関係数、横軸は10年債の利回りです。面白いのが10年債の利回り5%が境目となって相関関係が変わる点です。

利回りが5%以下のとき相関係数は正。つまり10年債の利回りが上昇すれば株のリターンも上がります。一方で利回りが5%を超えると、10年債の利回りが上昇すると株のリターンは下がります。

Sponsored Link



 

10年債利回りが5%以下:株価と10年債は正の相関

10年債利回りが5%超え:株価と10年債は負の相関

債券と株価は逆の相関にあると思っていましたが、国債の利回り5%で相関関係がくっきりと変わるのは意外でした。

これはポートフォリオを組むときの参考になりそうです。例えば国債の利回りが5%よりもずっと小さいときは株との相関関係は正です。つまりポートフォリオに国債を混ぜても分散効果は小さい。

逆に国債の利回りが5%よりもずっと大きい時は株と逆の動きをするので、分散効果は大きいと言えます。

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

平均的なサラリーマンが年利5%で30年間運用した結果

  タイトルに「平均的なサラリーマン」という言葉を入れています。これが重要なポイントなんですよ。私も含めて世の中は平均的なサラリーマンばかりですからね ww 金持ちが資産運用した結果なんて見 …

【質問】eMAXIS Slim 米国株式 かSBI・バンガード・S&P500どちらがいいか

  また読者様から質問を受けました。本当にありがとうございます ww 積立NISAを始めるところです。eMAXIS Slim 米国株式 (S&P500) かSBI・バンガード・S&a …

S&P500と上海総合指数の推移を比較。中国株はリスクが高いが投資はしたい。

  チャンドラです。   アメリカの代表的な株価指数であるS&P500は、過去の推移をみると順調に上昇していることが分かります。 それではGDP世界2位の中国の株価はどうで …

サラリーマンのボーナスは年齢別支給額に注目せよ

  今年の大企業の夏ボーナスは92万円だそうです。NHKの記事から。 経団連は大手企業を対象にした、ことしの夏のボーナスの調査の1次集計を発表し、従業員1人当たりの平均で92万5000円余り …

他人の金を運用するのと自分の金を運用するのは違う

    私は投資を開始してから一貫してインデック投資を続けている。個別株やレバレッジ型ETFに浮気をしたことはない。 こんなケースを考えてみる。もしも私の親戚や極めて親しい友人が、 …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ