資産運用

米10年債利回りと米S&P500リターンの相関関係は利回り5%を境に変わる。

投稿日:




 

米国10年国債の利回りとS&P500リターンの相関関係を示したのが下の図です。J.P. Morganの資料から抜粋。

1963年~2015年のデータを基にしています。縦軸は相関係数、横軸は10年債の利回りです。面白いのが10年債の利回り5%が境目となって相関関係が変わる点です。

利回りが5%以下のとき相関係数は正。つまり10年債の利回りが上昇すれば株のリターンも上がります。一方で利回りが5%を超えると、10年債の利回りが上昇すると株のリターンは下がります。

Sponsored Link



 

10年債利回りが5%以下:株価と10年債は正の相関

10年債利回りが5%超え:株価と10年債は負の相関

債券と株価は逆の相関にあると思っていましたが、国債の利回り5%で相関関係がくっきりと変わるのは意外でした。

これはポートフォリオを組むときの参考になりそうです。例えば国債の利回りが5%よりもずっと小さいときは株との相関関係は正です。つまりポートフォリオに国債を混ぜても分散効果は小さい。

逆に国債の利回りが5%よりもずっと大きい時は株と逆の動きをするので、分散効果は大きいと言えます。

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

S&P500長期投資で資産増加が加速するのが分かるグラフはこれだ ww

  インデックス投資に長期投資すれば「資産増加が加速する」とよく言われます。確かにそうなんですが、これは定量的に示すことが出来ます。 S&P500に720の法則を適用して指数の動きが …

資産運用で一番難しいのは自分のリスク許容度を知ることだと思う。計算方法はあるけど。

  市場平均株式指数を越えたパフォーマンスを叩き出したい、というチャレンジャーは除くとして、資産運用を始めようと思う多くの人は「まあ老後に困らない程度の資産なら作りたいな。低リスクで。」って …

株式投資本がフリマで高く売れてビビる。投資に関心が高まっている証拠か。

  最近フリマで「株式投資の未来」を売ったんです。私の投資スタイルはインデックスファンドの長期ホールドだと確立したので、高配当投資を謳う本書を本棚に入れておく必要もないな、と判断したからです …

GPIFの運用目標とポートフォリオはちゃんと読みましょう ww

  GPIFの運用資産が過去最高の169兆円に達したそうです。以下は日経の記事からの引用です。 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が7日発表した2019年10~12 …

米国長期金利と短期金利の差は何を意味するか?

  チャンドラです。   米国の景気を予測するうえで長期金利と短期金利の差が需要な指標となります。 この長短金利差について説明します。     長短金利差とは? …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ