資産運用

米10年債利回りと米S&P500リターンの相関関係は利回り5%を境に変わる。

投稿日:




 

米国10年国債の利回りとS&P500リターンの相関関係を示したのが下の図です。J.P. Morganの資料から抜粋。

1963年~2015年のデータを基にしています。縦軸は相関係数、横軸は10年債の利回りです。面白いのが10年債の利回り5%が境目となって相関関係が変わる点です。

利回りが5%以下のとき相関係数は正。つまり10年債の利回りが上昇すれば株のリターンも上がります。一方で利回りが5%を超えると、10年債の利回りが上昇すると株のリターンは下がります。

Sponsored Link



 

10年債利回りが5%以下:株価と10年債は正の相関

10年債利回りが5%超え:株価と10年債は負の相関

債券と株価は逆の相関にあると思っていましたが、国債の利回り5%で相関関係がくっきりと変わるのは意外でした。

これはポートフォリオを組むときの参考になりそうです。例えば国債の利回りが5%よりもずっと小さいときは株との相関関係は正です。つまりポートフォリオに国債を混ぜても分散効果は小さい。

逆に国債の利回りが5%よりもずっと大きい時は株と逆の動きをするので、分散効果は大きいと言えます。

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

米国株インデックス一択か全世界株インデックスか

  インデックス・ファンドに投資すれば銘柄選びに苦心することはありません。ただし、どこの地域に投資すべきかという点だけは考える必要があるでしょう。   ではどこの地域にすべきか?ど …

日本の平均賃金を他の先進国と比較 ~ 自分の将来を憂える

  チャンドラです。   日本の平均賃金を他の先進国と比較してみました。 データはOECDのデータベースを使用しました。     平均賃金は他国に抜かれている …

本多静六「私の生活流儀」| お金は人を測る尺度

チャンドラです。   以前、本田静六氏の「私の財産告白」紹介しました。 本多氏は日本の林学博士で、苦労して東大教授になった後、巨万の富を築きました。自己啓発系の本としてはかなり有名な本なので …

長期投資では問題外の高配当投資。株価下落・減配・税金。

  トウシルの記事から引用。 まず皆さんにしっかり理解していただきたい重要な点があります。それは、「配当利回りが高い=オトク」では決してないということです。・・・ これは配当金についても同じ …

米国S&P500に投資して資産を10倍にできる確率は意外に高い

  私は米国株式指数S&P500に連動するインデックスファンドに投資しています。S&P500の過去の実績によれば年平均リターンが7%、標準偏差が20%程度で推移してきたことが …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ