資産運用

米10年債利回りと米S&P500リターンの相関関係は利回り5%を境に変わる。

投稿日:




 

米国10年国債の利回りとS&P500リターンの相関関係を示したのが下の図です。J.P. Morganの資料から抜粋。

1963年~2015年のデータを基にしています。縦軸は相関係数、横軸は10年債の利回りです。面白いのが10年債の利回り5%が境目となって相関関係が変わる点です。

利回りが5%以下のとき相関係数は正。つまり10年債の利回りが上昇すれば株のリターンも上がります。一方で利回りが5%を超えると、10年債の利回りが上昇すると株のリターンは下がります。

Sponsored Link



 

10年債利回りが5%以下:株価と10年債は正の相関

10年債利回りが5%超え:株価と10年債は負の相関

債券と株価は逆の相関にあると思っていましたが、国債の利回り5%で相関関係がくっきりと変わるのは意外でした。

これはポートフォリオを組むときの参考になりそうです。例えば国債の利回りが5%よりもずっと小さいときは株との相関関係は正です。つまりポートフォリオに国債を混ぜても分散効果は小さい。

逆に国債の利回りが5%よりもずっと大きい時は株と逆の動きをするので、分散効果は大きいと言えます。

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

「ライフサイクル投資術」が名著だと考える理由は斬新さ。

  「ウォール街のランダムウォーカー」や「投資の大原則」は投資本のなかでも名著ですが、私は「ライフサイクル投資術」も名著に挙げたい。 その理由は「考え方が斬新」だからです。ウォール街のランダ …

株式投資するなら貯金の割合は生活費1.5か月で十分な理由。ただし3か月分あれば安心感が手に入る。

  インデックス投資をする場合、株式と貯金の比率を何%にするべきかという議論がおきます。株式の比率を100-年齢にするべきという意見もあれば、3か月分の生活費を現金として確保したほうがいいと …

株価暴落でもドルコスト平均法で投資継続。そして夜は爆睡 ww

  米国S&P500指数は2,200ポイントと2,600の間をダラダラ行ったり来たり。失業保険申請数が過去最高を記録したことから2番底が来るとか来ないとか言われています。 突然の暴落 …

米国株はバブルではない。2021年の展望。一番しっくりきた専門家の分析はこれだ!

    この記事が一番しっくりきました。マネックスの岡元氏の記事。 「相場をけん引するGAFAMに死角はあるのか、2021年の米国株展望」   米国株式市場はバブルなのか …

S&P500は1日でどれくらい変動するのか?1%以内がほとんど。

  人間というものは短期的な目線を持ちがちな生き物です。 投資している株は毎日変動しますが、その動きに一喜一憂してしまう。 私はS&P500に連動するインデックスファンドに透視してい …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ